About BankART1929

バンカートのはじまり

横浜市が推進する歴史的建造物や港湾施設を文化芸術に活用しながら、都心部再生の起点にしていこうとする文化芸術創造都市構想のリーディングプロジェクトとして2004年にスタート。アート、建築、パフォーマンス、音楽等、活動は多岐にわたる。当初、二棟の元銀行を活用してスタートしたが、諸事情で、拠点が何度も変わり、13年間続いた「BankART Studio NYK」も2017年度末、解体するにいたった。

これからのバンカート

2018年度、新しい方向を模索すべく、5月に関内の街中に小さなショップ&カフェの「BankART Home」をスタート。8月には、東横線の廃線の高架下に「R16スタジオ」を開設。2019年2月には、開港の場所に位置するシルクセンターにギャラリー空間「BankART SILK」がスタート。続いて、みなとみらい線新高島駅地下1Fにギャラリー&スタジオスペースの「BankART Station」が始まった。さらに2020年度は、2004年から数年活用していた旧第一銀行を「BankART Temporary/ヨコハマ創造都市センター」として活用。現在、都合5つの施設を運用している。
事業内容は、スタジオ、スクール、カフェ&パブ、ブックショップ、コンテンツ制作、主催、コーディネイト事業等を継続している。また地域と連動するプログラムや、他都市や国外とのネットワーク構築にも積極的に関わっていくつもりである。
Essay