新着情報


2020.9.1

作品の制作が本格的に始まりました


2020.9.11

リモートショートミーティングを行います



2020年、現在を想う

今回、横浜のBankARTからプロジェクトを依頼された。2012年に以前の建物が倉庫だったことから、その内外に運送用パレットを使ってインスタレーションを行った。それから8年ぶりに新たなBankARTの建物とその周辺で、何か行えないかとの事だった。

昨年、いくつか候補地を訪ね、横浜美術館周辺の変貌ぶりに驚いた。また市役所も移転され、どこにいってもまさに工事の真っ最中だった。こうした変貌する現在進行形の横浜を想定してプランを作った。
工事前のフェンスに囲まれた空き地、歩道橋の踊り場などを工事用フェンスと単管を組み立てて、架設の工事現場を作ることを考えた。最終的に使用許可の下りた駅構内と歴史建造物として使用されている建物の内外の2箇所で、組み立てることとなった。

現在この周辺で行われている多くの工事現場の中に、工事現場を装った場をその中に入れ込む。工事をしない工事現場。工事をするように見せてるだけの偽りの現場。そしてそこに人が入りこむことが出来る。単管が組まれ、鉄板の塀で囲まれた構造物の中を、人は恐る恐る入り込む。

通常の工事現場では、一般の人は中に入ることすら許されない。鉄の素材の剥き出しの荒々しい殺伐とした空間に、人は何を見るのだろうか。
多くの人は、工事が終わり、現代的で洗練され清潔で優雅な建物の空間に囲まれ、その中で都市での生活を満喫する。
現代は、ますます不浄なものや汚く危なっかしい場や物事がブリーチアウトされ、無臭の空間が広がっている。セキュリティーの名のもとに、全てがコントロールされた管理社会の中で、身を潜めて暮らすことが、自由を確保する唯一の手段であるかの様に。

この様な都市の状況と現在のコロナ禍の中で、はたして一体何が出来るのかをここでもう一度考えてみたい。

2020年9月
川俣 正

川俣 正
Tadashi KAWAMATA

1953年北海道生まれ、フランス在住。主な展覧会・プロジェクトに2010年~13年「川俣正・東京インプログレス」(東京)、1997年「椅子の回廊」(Festival d’automna Paris、サルペトリエール病院サン・ルイ教会、フランス)、1996~99年「ワーキング・プログレス」(アルクマー、オランダ)、1987年「Destroyed Church」(ドクメンタ、カッセル、ドイツ)などがある。
横浜での活動は、2005年ヨコハマトリエンナーレで総合ディレクターを務める。2012年、BankART Studio NYK全館を使用しての大規模な個展「Expand BankART」を開催。2013年芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。

アクセス

おすすめの巡り方

「BankART Life VI」 「ヨコハマトリエンナーレ2020」 「黄金町バザール2020」 を一緒に巡る

ヨコハマトリエンナーレ2020

横浜美術館

徒歩8分

ヨコハマトリエンナーレ2020

プロット48

徒歩7分

BankART Station

みなとみらい線 「新高島」駅 B1F

川俣正のプロジェクトの
ドローイング/レリーフと作品の写真群を展示

みなとみらい線乗車時間4分

馬車道駅

みなとみらい線 「馬車道」駅 構内

金属平版を用いた新作のプロジェクト
駅構内にて見ることができる

1b出口直結

BankART Temporary

みなとみらい線 「馬車道」駅
1b出口直結

金属平版を用いた新作のプロジェクト
外部と内部にそれぞれ
大規模な作品を見ることができる

ぴおシティ、野毛を通って徒歩15分

黄金町バザール2020

開催概要


BankART Life VI

「都市への挿入」 川俣 正

Insertion into City Life
Tadashi KAWAMATA



会期

2020年9月11日[金]~10月11日[日]
休場日:毎週木曜 ※10/8を除く

時間

11:00~19:00

会場

BankART Station、 BankART Temporary、 馬車道駅構内

料金

¥1,000(一般)、¥600(大学生、専門学校生、横浜市民/在住)
無料(障がい者手帖お持ちの方/付添1名・高校生以下・65才以上)
*会期中再入場可能


主催|BankART1929
共催|横浜市文化観光局
助成|神奈川県文化芸術活動再開加速化事業補助金

チケット


会場で当日券を販売しています。

一般 ¥1,000
大学生・専門学校生 ¥600
横浜市民 / 在住のかた ¥600
高校生以下・65才以上 無料
障がい者手帖お持ちの方 / 付添1名 無料

*価格はいずれも消費税込
*会期中再入場可能

「横浜アート巡りチケット」

「BankART Life VI」「ヨコハマトリエンナーレ2020」「黄金町バザール2020」を一緒に楽しめるお得なチケット

一般 ¥2,800
大学生・専門学校生 ¥2,000
高校生以下 BankART・黄金町は無料
ヨコトリ2020は高校生以下¥800 / 中学生以下無料

横浜アート巡りチケットは下記のサイトにて事前購入をお願いします。
https://www.e-tix.jp/yokohamatriennale/

アーカイヴ


作品の制作現場と川俣氏のワークインプログレスの記録です。ぜひご覧ください。

BankART LifeⅥ - 「都市への挿入」川俣 正

撮影・編集:本田孝義
写真:中川達彦

リモートショートミーティング

会場:BankART Temporary
2020.9.11 18:45〜19:15