BankART1929は、横浜市が推進する歴史的建造物、倉庫などを文化芸術に活用しながら、
街を再生していく「創造都市構想」のリーディングプロジェクトです。

2004年3月、元銀行(旧第一銀行、旧富士銀行)を活用してスタート。その後、旧富士銀行への東京藝大誘致に伴い、旧日本郵船倉庫を改修したBankART Studio NYKに移転。2008年以降、NYKを中心とした本格的な活動にはいり、これまで数多くの活動を続けてきました。街なかへの展開として、新港埠頭の倉庫や本町や北仲地区再開発予定のビルを活用しての大型のシェアスタジオの構築・運営を図り、横浜に数多くのクリエイターの誘致を行ってきました。2018年、中核施設だったBankART Studio NYKの建物が解体されたのを機に、みなとみらい地区その他に新しい居を構え、現在、主に2つの施設の連携を図りながら運営を行っています。

〒220-0012 横浜市西区みなとみらい5-1
新高島駅B1F

〒231-0003 横浜市中区北仲通5-57-2
KITANAKA BRICK & WHITE 1F

BankART1929放浪顛末記→

バンカートの
事業項目

主催事業

横浜の歴史的建造物や街づくり・食・衣・写真・ダンス(舞踏)等のポテンシャルをどのように引き出すかをテーマに展開してきている。


コーディネイト事業

外部からのオファーも、BankARTが協働することで、単なるレンタル事業ではなく、イベントそのものが向上するように心がけている。


スタジオ事業

展示空間を制作場所としてアーティストが活用するAIRプログラムを開催。台湾、韓国、海外との交換レジデンスプログラムも。


スクール事業

2ヶ月で8回の講座が基本単位。少人数制で、生涯学習講座と大学院の授業の中間レベル、現代の寺子屋を目指す。


BankART出版

BankARTで行なった事業に関連する本の出版や、興味のある活動の出版サポートをすることも。


カフェ・パブ & ショップ

芸術系の書籍、DVD、グッズ、作品等を扱う。スクール・企画展作家等のコンテンツから、小ロットの印刷物も取り扱っている。


特別プログラム

続・朝鮮通信使のプロジェクトや、越後妻有のバンカート妻有 桐山の家など、多層なレベルでネットワークの構築を展開。


開催中のイベント

開催中

一般社団法人日本建築設計学会

「ポストバブルの建築家展-かたちが語るとき-アジール・フロッタン復活プロジェクト」

会期 2022年1月12日[水]~2月19日[土]
入場料 700円

■トークイベント|1月16日[日]16:00〜
会場 上記併設カフェ 先着30名
登壇者 五十嵐太郎・岩瀬諒子・遠藤秀平・久保秀朗・曽我部昌史

*イベントは無料ですが、入場料700円をお支払いください
*次回は2月19日[土]


開催中

草月会神奈川県支部/プロデュース:中田和子(草月会本部講師)

「情 と/が 熱 by K.NAKADA」展

会期 2022年1月25日[火]~27日[木]
時間 11:00~19:00(27日は16:00迄)
料金 無料


今後のイベント情報

早稲田大学繊維研究会 2021年度ファッションショー

「見つめては瞬きをする」

会期 2022年2月6日[日]
時間 ①13:00 ②15:30 ③18:00
料金 観覧料500円 完全予約制


SPACE FACTORY 2022 リトライ企画

シリーズ『夢の浮橋』~源氏物語より~
「第1章 苦悩の春」

会期 2022年3月27日[日]~29日[火]
開演時間 3月27日[日]=19:00/3月28日[月]=14:00、19:00/3月29日[火]=14:00、19:00
料金 一般4,000円(前売り3,800円)、学生2,000円、横浜市民3,000円


横浜台北交流事業2021年度

横浜台北交換AIRプログラム2016-2019

会期 2022年2月9日[水]~20日[日]
時間 11:00~19:00 最終日は17時まで 
料金 入場無料


上記以外のイベント情報はこちらから

お知らせ

2021.12.20

年末年始の休館日のお知らせ

これまでのイベントとお知らせ→